toTOP

杏林大学医学部 第三内科学教室 消化器内科
menu

トップ > 医療関係者・学生の皆様 > 診療研究グループ 胆膵治療グループ

診療研究グループ 胆膵治療グループ

胆膵治療グループ

内視鏡治療班 -胆膵チーム- ~胆膵疾患に対する内視鏡治療~

胆膵領域の疾患について診断から治療まで行っています.主な疾患は,閉塞性黄疸,胆管炎,胆嚢炎,総胆管結石症,胆石性膵炎,慢性膵炎,自己免疫性膵炎,IgG4関連胆管炎,原発性硬化性胆管炎などの良性疾患から,膵臓癌やIPMN,胆道癌(胆管癌・乳頭部癌・胆嚢癌),転移性腫瘍などの腫瘍性病変も担当しています.その中でも,閉塞性黄疸,急性胆管炎は多く,特に重症化の場合には,緊急での治療が必要であり,当科では夜間・祝日でも緊急ドレナージ術にて治療を行う体制を整えています.また,主に膵腫瘍の病理学的診断に,超音波内視鏡(endoscopy ultrasound : EUS)を用いた針生検(endoscopic ultrasound-fine needle aspiration : EUS-FNA)も行っており,より的確な治療を行う一助となっています.

ERCPおよびEUS件数の推移

ERCPおよびEUS件数の推移

癌による胆管狭窄に対する治療例

癌による胆管狭窄に対する治療例

総胆管結石に対する治療例

総胆管結石に対する治療例

総胆管結石や腫瘍による胆道狭窄に対する胆管ドレナージ術は,内視鏡的逆行性膵胆管造影検査および関連手技(endoscopic retrograde cholangiopancreatgraphy : ERCP)あるいは超音波ガイド下経皮経肝的胆管ドレナージ術(percutaneous transhepatic biliary drainage : PTBD)で行っています.患者さんの状態を十分把握した上で,ERCPあるいはPTBDでのドレナージ術のどちらを施行するか,十分検討して施行します.施行可能であればERCP下で経鼻胆管ドレナージ術を施行します.原則,内視鏡的に截石術を施行していますが,症例によっては,無理に截石せず,プラスティックステント留置で経過観察としている症例もあります.癌症例において胆管が狭窄をきたしている症例では,プラスチックチューブステントやメタリックステントで胆管ドレナージを図ります.超音波内視鏡(EUS)およびEUS関連手技として,EUSを用いた穿刺吸引細胞組織診(EUS-FNA)や,膵仮性嚢胞などの腹腔内嚢胞性病変に対する内視鏡的ドレナージ術も行っています.?

治療時・治療中の様子

治療時・治療中の様子

安全・安心な内視鏡治療のために

検査・治療前に、患者さんの受けられる検査・治療の内容・必要性・偶発症を,患者さんのみならずご家族にも平易な言葉を用いてわかりやすく説明しています.検査・治療時には、患者さんに対して偶発症をできるだけ起こさないよう細心の注意を払い,可能な限り術前検査(腹部エコー・CT・MRCP等)を充実させ,患者さんの情報を集めた上で治療を行っています.また,一番念頭に置いて行っていることは,患者さんの状態を十分把握し,無理な治療は行わない点です.とにかく治療をすれば良いというわけではなく,適応を十分検討すること,患者さんの状態を十分加味して,内視鏡治療に固執せず,患者さんにおいて最善の治療を受けてけるよう,日々ディスカッションを行っております.また,実地臨床のみならず,臨床研究も積極的に行っています.


| 診療研究グループ消化管感染症グループ小腸大腸グループ胆膵治療グループ消化管治療グループ肝臓グループ |